CATV関連製品 DSA500

DSA500

DSA500-wbox-square.jpg

電池式携帯軽量信号レベル計DSA500

(クリックすると拡大します)

DSA500は、コンパクトかつ、高性能なCATV工事用デジタルシグナルアナライザーです。
お客様から要望の多かった、低価格のOFDM/QAMのレベル、そしてBER/MER測定が可能な、デジタルアナライザーを製品化!
CATV宅内工事を想定し、400gの軽量、シンプル動作機能にしました。レスポンスの良い動作で、現場でのインストール作業を軽快に短時間にいたします。

この製品に関する詳細は大阪・共栄システムまでお問い合わせください。list_008_a-trans.png
この商品に関する一部ダウンロードはこちらlist_008_a-trans.png

製品仕様

DSA500は、CATVのすべての下り映像信号の測定・分析の機器として開発されました。
CATVの下り信号:OFDM地上デジタル放送信号、64/256QAM変調信号、アナログUHF/VHF放送信号である70MHzから800MHzまでの信号に対応して、信号強度・CN値・MER値・BER値を即座に測定して表示します。 
周波数プランはお客様の希望するチャンネルと周波数・変調の種類を自由に設定できるほか、インターネットでダウンロードするサービスに応ずることが出来ます。
測定されたデーターはPCに取り込み、独自の分析をすることが出来ます。
DSA500は、堅牢小型軽量別売電池駆動で、携帯に便利なソフトケースが附属しています。
別売りの上り信号測定モジュールDSA-ULCは、DSA500に接続するだけで、10―50MHzまでの信号の信号強度を測定することが出来ます。


1.アナログ信号測定

1)測定周波数

  70〜860MHz

2)変調方式 

  NTSC

3)測定範囲

  40 – 100dBuV

4)測定精度

  ±3dB

5)温度変化による
      変動

  ±1.5dBuV以内

2.QAMデジタル信号測定

1)周波数範囲

  90 – 770MHz

2)パワー測定範囲

  43 – 100dBuV
3)パワー測定精度

  ±3.0dB

4)変調方式 

  64 or 256 QAM  (DVS-031, ITU-TJ83 Annex B/C DOCSIS)

5)バンド幅

 

6)QAMロックレンジ   

  47 – 100dBuV

7)MER測定範囲   15.0 – 36.0dB
8)MER分析能   0.7dB
9)MER測定確度   ±2.0dB

10)BER測定範囲

  2e-2 ~ 1e-8, 0e-0 (検出なし)

3.OFDMデジタル信号測定

1)周波数範囲

  90 – 770MHz

2)パワー測定範囲

  40 – 100 dBuV
3)パワー測定精度

  ±3.0dB

4)変調方式

  OFDB (ISDB-T)

5)OFDM
      ロックレンジ
  47 – 100dBuV
6)MER測定範囲   15.0 – 36.0dB
7)MER分解能   0.1dB
8)MER測定確度   ±2.0dB
9)BER測定範囲   2e-2 ~ 1e-8, 0e-0 (検出なし)
10)測定レイヤ    A,B,Cを選択可

11)キャリア
         変調方式

  DQPSK, QPSK, 16QAM, 64QAM,

4.インターフェイス

RF入力

  75Ω

USCシリアル
通信ポート

  PC接続用

5.メモリー

チャンネルアロケーションメモリー

1)

  5組のチャンネルプランを保存

2)

  各1組に124CHまで設定可能
3)   ミニスキャン測定用10チャンネルを設定可能
4)   測定データー保存メモリー
  各チャンネルアロケーションメモリーに100測定データーを保存可能

6.電源

1)推奨バッテリー

  汎用ニッケル水素乾電池単三型 x 4本 (別売り)
  (サンヨーエネループを推奨) 

2)動作時間

  連続動作140分(平均)
3)節電機能   バッテリー低下時自動電源オフ

7.本体データー

1)寸法・重量

  H165.0mm x W87.0mm x D44.0mm

2)重量   340gr(電池含まず) 430gr(電池含む)

3)使用環境温度

  0℃ ~ 50℃ 湿度85%以下
4)保管温度・湿度   -20℃ ~ 70℃  湿95%以下